寧波方正汽車金型株式有限会社は

品質保証
研究開発能力
品質保証
「技術で実力を見せる、品質で信頼を得る」、方正では技術は第一の生産力ですが、品質はお客様の信頼を得る有力な保障です。方正の品質チームは納入検査、過程検査、製品検査、電極検査、出荷検査及び品質管理システムなどを実施しており、各精密機器と品質人員の協力で金型に対して、原材料、生産過程から最終段階まで検査を確実に実施し、品質を厳しく管理します。なお、品質管理システムを導入し、リアルタイムで会社全体の品質管理進捗を監視します。
  • システム化紹介
    システム化紹介
    システム化紹介
    目下、弊社は「ISO9001:2015」、「IATF16949」、「VDA6.4」を含めむ各品質管理システムの認証を取得しました。品質管理システムを、品質部門を始め、会社全体の隅々まで適用させ、金型製作、販売の全過程でも品質管理システムに準じて管理をしています。そして、内部審査と外部審査を通じで品質管理の全過程を監督?評価し、管理システムの正常運行と向上を図ります。
  • 電極自働化
    電極自働化
    電極自働化
    「中国製造2025」戦略と会社の発展要望に応えるため、寧波市で初となる自働化ラインが2018年に方正会社に導入し、稼動を開始しました。当社はAIロボットと両列旋回可能ラックなどの機器を採用しています。三次元測定ソフトで自動的にデータを読込み、測定を行います。無人測定を確かに実現できており、人件費を大幅に削減しています。それに、測定結果の安定性と正確性も図れています。
  • 原材料納入品質管理
    原材料納入品質管理
    原材料納入品質管理
    原材料納入品質管理は品質管理にとって極めて重要の一環です。不良原料の流れ込みを排除し、最初段階で金型の品質を保障します。会社に原材料、アクセサリー、金型用ベース検査ゾーンを設置されていますので、各金型用の原材料の納入検査を厳しく実施できます。図面の基準と検査流れに従って、ロボットアーム三次元測定器、スペクトルアナライザー、硬度計などの計測機器を利用し、原材料の加工精度、材料硬さと原材料分析などの項目を検査し、結果を出します。
  • 現物検査
    現物検査
    現物検査
    方正会社はMESとOAシステムを利用し、ラインオーンで金型製作における品質とトライ実施前の点検状況を管理していますが、信頼性の高い計測機器と人員を頼りに、金型の加工寸法の検出と不具合の洗い出しに取り込み、金型出荷率が100%になるよう努めています。
  • 現物検査
    現物検査
    現物検査
    金型製作の全過程において品質検査は欠かせない工程です。過程工程の寸法、硬さ検査、組付け工程の型締め密着性、試験運転中の不具合など、いずれも金型全体の品質に影響します。



亚洲日韩天堂在线 日本亚洲欧洲另类图片 在线a亚洲视频 无图 亚洲 欧美 偷拍